ことば


『 言わなきゃ伝わらない 聞かなきゃわからない 』
若いころから、友人や同僚に何度となく言われた言葉。
要するに、言葉にない言葉を読む癖が昔から強く、
それがときに、ど~にもならないことの悩みへと高じてしまったりすると、
「またぁ~」とばかりに、こう言われるのだけど、
ありがたくもこのことを自己覚知させてもらったいまのわたしは、
いつも、出来る限りは伝えること・確認することを心掛けている・・・つもり。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアン(Albert Mehrabian)は、
話し手が聞き手に与える影響がどのような要素で形成されるかを測定し、
言語・聴覚(抑揚・話すスピード・声のトーンなど)・
視覚(身振り・態度・表情など)
これら3つの要素が矛盾した内容を送っている状況下において、
言葉がメッセージ伝達に占める割合は7 %、
聴覚情報が38 %、視覚情報が55 %であることを説明した。
実は、人が伝える情報と言うのは、言葉によるところが1割にも満たず、
ノンバーバルコミュニケーションがいかに大切かってことなのだ。

そう考えると、言葉にならない言葉を読む癖というのも、
深読みしすぎるとマイナスに働くことがあっても、
場合によったら、立場によったら、プラスになるのかもしれない。

こころの声に耳を傾けることをこころ掛け、
言葉にならない想いに、こころを寄せること、
推し量るということ、寄り添うことを大切に、
受け止めたことを言葉にして確認し、こころの声を引き出していく・・・
そんな素敵なコミュニケーションができたなら、
とっても心地いいだろうな♪(*^^*)

また、「人を生かすのも殺すのも言葉ひとつ」とは、よく言われる言葉だけど、
本当に、言葉ひとつで、絶望のふちに追いやられることもあれば、
失望の中に希望の光を見ることもある。

要するに大切なのは、その言葉に込められた想いでありこころであって、
それをどう伝えるかと、どう汲みとるか。。。

そんな言葉のあれこれを考えていると、
日常生活の中に、たわいもない会話の中に、
「だから、あの時何も言えなくなってしまったんだな。」とか、
「力引き出してくれる環境を作ってくれたから伝えられたんだな。」とか、
自分磨きの教材となる題材はごろごろしていて、毎日が楽しい♪

 

 

This entry was posted in 自分磨き. Bookmark the permalink.

コメントを残す