わすれもの

きみのいないあさは
なにかこころにわすれもの
おわれるじかんに とけいをみるくせよりも
ながいねんげつ からだにきざまれたじかんの
むいしきのほうが とてもせいかくで
くうきょをかんじないように
よていのすきまに よていをぎゅうぎゅうにつめこんでいても
こんなにも 1にちのじかんがながいことを しってしまう


のんびりと からだをやすめて
いのちのおせんたく
しずかなじかんに
こころいやされ ほっとしてもいいことを
もうじゅうぶんすぎるほど しっているのに
どこかじぶんがそれを みとめない
こころのすみっこの ごめんね


きっとそれが
こころのなかの わすれもの

 

 

This entry was posted in きみ想う. Bookmark the permalink.

コメントを残す