コミュニケーションの歪み


コミュニケーションの歪みをできるだけなくすには・・・

第1に、出来るだけやさしいことばを使うこと。
第2に、必ず相手からのフィードバックを得ること。
その際に、受け取った内容を繰り返すこと。
第3に、積極的に聞くこと。
相手の立場に身を置いて聞くこと。
第4に、感情を抑えること。
お互いの価値観を認めあうってのも、ここに含まれるのかな?

言葉にしてしまったら、とっても基本的なことなのに、
誰しも我が身を振り返るところは、日常の中に多々あるのでは?
わたしも、日々…… ( 〃..)ノ ハンセイ

この逆考えたら面白い。
訳わからんことばで~一方的に~勝手解釈されたり~
自分の言いたいことばっかりしゃべって~自分の価値観押しつけてきたり~
最悪かも。。。

あと、コミュニケーションには、
言葉に表れない言葉(非言語的コミュニケーション)に
耳を傾けることも大切!(*^^*)
それから、コミュニケーションには、コード依存型のコミュニケーションと、
コンテクスト依存型のコミュニケーションの両方を考える必要があるんだとか。

コード依存型は、メッセージと送信信号の間に、
一対一の対応関係(コード)があり、
全面的にそのコードに依存してコミュニケーションがなされる。
例えば、赤ちゃんの泣き方で、
お母さんがその意味するところを理解するとかの場合。

興味深いのが、コンテクスト依存型コミュニケーション。
言葉には、額面通りじゃない意味合いを含むときがある。
これには、送り手と受け手がコンテクストをある程度共有していることが必要。
確かに確かに・・・思い当たることはよくある。

日常のあんなことやこんなこと、こうやって、あてはめながら捉えていくと、
なるほど~って紐解かれていくみたいで、面白い。

最後に、コミュニケーションによる落とし穴は随所に存在していて、
コミュニケーションへの過信こそが、コミュニケーションの歪みの出発点とのこと。
全くその通りだね。。。

まずは我が身を振り返るところから・・・。

 

 

This entry was posted in 自分磨き. Bookmark the permalink.

コメントを残す