月別アーカイブ: 7月 2013

もうひとつの夏

  夏の想い出のなか、きみの笑顔の代償は いったいどれほどのものだろう。   鳴り響く警告音と、ただ生きることに懸命な張りつめた透明な闇。 震えるその手が探しているものはいったい・・・。   ガラス細 … 続きを読む

カテゴリー: きみ想う | 2件のコメント