Category Archives: きみ想う

もうひとつの夏

  夏の想い出のなか、きみの笑顔の代償は いったいどれほどのものだろう。   鳴り響く警告音と、ただ生きることに懸命な張りつめた透明な闇。 震えるその手が探しているものはいったい・・・。   ガラス細 … Continue reading

Posted in きみ想う | 2 Comments

きみの明日を

それでも・・・ 嘆くこともせず 恨むこともせず 哀しむことも 妬むことも 比べることも 裁くこともせず ただ毎日を生きるきみの 諦めることもなく 逃げ出すことも 投げ出すこともない そのいのちを前に 無力なぼくの精一杯は … Continue reading

Posted in きみ想う | Leave a comment

わすれもの

きみのいないあさは なにかこころにわすれもの おわれるじかんに とけいをみるくせよりも ながいねんげつ からだにきざまれたじかんの むいしきのほうが とてもせいかくで くうきょをかんじないように よていのすきまに よてい … Continue reading

Posted in きみ想う | Leave a comment

一喜一憂

いっきいちゆうするなと きみはいう それでも きみのくるしみは ぼくのこころにはいたくかなしくて きみのえがおは ぼくのこころをよろこびとしあわせでみたしてくれる しんぱいするなと きみはいう それでも ずっといっしょに … Continue reading

Posted in きみ想う | Tagged | Leave a comment

覚悟

「覚悟していないとやってられないですよね。」 確かめられるように尋ねられたことがあった。 覚悟なんて・・・ できるわけない。 ただ、いまはいましかないことを・・・ 今日と同じように明日が来るかどうかはわからないことを・・ … Continue reading

Posted in きみ想う | Tagged | Leave a comment