Category Archives: きみ想う

ゆめ

きみは なにをゆめみて なにをしあわせにおもうのか あのひ ぼくには わからなくて きみのてを ずっとずっとにぎりながら きみのねがおを みつめていたよ あのころのきみは いたみにも ひかりにも なんにもはんのうしないほ … Continue reading

Posted in きみ想う | Leave a comment