何ができるかな?


あ~~~~前回更新から、ついに1年が過ぎてしまいました。
とりあえず1年過ぎないうちにと何度となく書きかけては、結局この始末。
更新の途絶えたここを、ずっと見守り続けていてくださった方には、こころから感謝です。
 
 
結局、昨年2年目の藍はうまく育たず。
 
その後酷暑の夏に引っ越しをし、なかなか作品作りに取り組む余裕もなく、
あっという間の1年です。
自らを奮い立たせるでもなく、
しばらくは環境を整えることにこころを傾けていました。
 
さて、新しいお庭でも藍は育つだろうか?
ハーブはどうかな?
 
なんてあれこれ思いつつの、お庭づくり。
最高に日当たりも風通しも良かった以前の庭と、まるで環境が違うのだけど、
また別の楽しみ方ができそうで、それはそれで楽しみです。
何がどんな風に育つか、まだまだこれから。
 
自然と向き合いながら、こんどは何ができるかな?
とにかく、ゆっくりゆっくりの歩みです。
 
さて、そろそろ腰をあげなくちゃ!

 

 

カテゴリー: 日々の暮らしの中で | コメントする

がんばれ!

2016_04_29


しばらく留守をしていて、
すっかりそれどころじゃなく放置状態だったというのに、
育苗ポットのなかで、枯れずに生き延びていた藍。
 
もっとも~~~っとしっかりした苗に育ててから地植えするのが、
本来だと思うのだけど、
あまりにひょろとひょろとかよわく消え入りそうで、
大きく育つ気配もなく、なんだかこのままにしておいてもいいことないような、
そんな気がして、思い切って地植えしてみたよ。
 
カメラで覗いてみると、2~3cmしかないような体に、
5枚も本葉をつけている。
すごいっ!!
1mmもないようなちいさな種から、いのちをつなぐ力って、
ホントすごい!
がんばれっ!
 
まけるな~~~!!

 


わたしも…がんばろっ!

 

カテゴリー: 染めもの | 2件のコメント

藍の乾燥葉染め【2回目】


そろそろ温かくなってきたのでってことで、4月の中旬に、
藍の乾燥葉染めの2回目(1回目の様子はこちら)に挑戦しました。
藍の乾燥葉染めは、染液を作るのに結構時間もかかり、臭いもきついので、
風通しのいい作業場でもない限りは屋外で行うのがベスト。
ということで、これからも藍染めの作業は、
気候とお天気と相談しながらの、季節を感じるイベントになりそうです。

 

 

2016_04_14


染め上がり直後(乾燥中)はこんな感じ。
今度こそ、しっかり濃い色に染まったかな?と期待が膨らむ瞬間です。
今回は、綿の紡ぎ糸・麻のテーブルセンター・綿の布を染めてみました。
 
で、下の写真(ギャラリー表示してみました。)が、
絞り染めをした綿の布の乾燥後。

 

 

 

 


出来上がるまでホント、どんなふうに仕上がっているのか、想像もつかなくて、
色あいも濃さもにじみ具合も模様もすべて、開けてみてのお楽しみ的な、
ひとつの作為も必然もない、技術がないとも言う?(+。+)
偶然が作り上げる作品たちで、
そこには、失敗も成功もなくて、みんな大好きで、
見ているだけで、とってもしあわせな気分になります。
 
さて、ここからののんびりな作品作りも、また楽しみです。

 

カテゴリー: 染めもの | コメントする

藍の発芽


藍の栽培…、まずは、しっかりと育苗しなきゃと、
今年は、庭に直まきではなく、ちゃんと種まきポットに種まきをしてみました。
 
種まきから1週間。
あちゃ~! 芽を出す前にカビが生えてきたよ~!(+。+)
な~んてがっかりしながら、よくよく覗いてみると…。


なんと、ちいさなちさな藍の種から、根っこが伸びてきていたのです。
 
↓ クリックすると、拡大して見れます。

藍の発芽01

藍の発芽02


それにしても、なんて繊細なんでしょうね!
植物の生命の神秘には、ホント感動させられます。

 

 

カテゴリー: 染めもの | 4件のコメント

道具作り!

2015_12_08a


織り機の経糸を通して、とんとんと横糸を手前に打ち寄せる道具を、
筬(おさ)というのだそう。
卓上の木のおもちゃ的な簡易の織り機では、
その代わりをするのが、柘植の櫛。
 
さて、この櫛が不自由で小さな手には握りにくい。
運動学的に、人間が把持しやすい手関節や前腕のポジションを考えれば、
そうね、このほうがいいかもねなんて、あれこれ検討を重ねて、
できあがった独自の筬は、さながら自助具?
なかなかのユニバーサルデザインかもよ???なんて、自己満足。
 
ただ、持ち手の棒をつけただけなのだけど…。(+。+)

 

2015_12_08b
 


道具って大事。
まずは、かたちから!?
できること。
たのしいこと。
まずは、そこから。
 
出来るにつながる道具作りって、楽しい。(*^^*)
試してみるのが、またまた楽しみ♪

 

 

カテゴリー: さをり | コメントする